パーキンソン病・難病等

パーキンソン病・リウマチ・ALS、難病等

当院では、難病、特にパーキンソン病の患者さんが多く、鍼治療と漢方薬治療を組み合わせた総合治療を行い、沢山の方の症状が改善しております。
パーキンソン病の様な進行性の疾患は、症状の進行を完全に止めることは難しいかも知れませんが、上記の治療を取り入れることにより、進行速度を大きく遅らせる事が可能といえます。

パーキンソン病
70代男性
1年前に総合病院にてパーキンソン病と診断され、合成薬治療を行っているが変化が見られないため来院。
突進歩行、座位保持困難、右半身の振戦有り。
往診にて週2回のYNSA(山元式新頭鍼療法)と、ほぼ同時期に丹参製剤(他所で購入。)の服用を開始。
1回目のYNSA直後にパーキンソニズムの軽減が見られ、半年で突進歩行と振戦が完全に消失。
今では車の運転も可能となり、行動範囲が一気に広がった。
ただし、パーキンソン病は進行性の疾患のため、治療を続行中。
経験上、合成薬の服用期間が長く服用量が多いほど、鍼灸や漢方薬の効果が効きにくい傾向にあるが、本件は合成薬を1種類しか服用していないためか、鍼灸や漢方薬の効果が非常に強く現れた。

パーキンソン病
80代女性
15年前に総合病院にてパーキンソン病と診断され、往診を希望。
抗パーキンソン薬の効きが悪く、ほぼ寝たきりの状態でヤール5度。
往診にて週2回のYNSA(山元式新頭鍼療法)を施し、8ヶ月遅れて補気剤の服用を開始。
併用治療を始めて2ヶ月目で笑顔が見られるようになり、若干ではあるが体の動きが出てきた。

パーキンソン病
70代男性
3年前に総合病院にてパーキンソン病と診断され、オンオフ現象の改善を求めて来院。
定期的にYNSA(山元式新頭鍼療法)を行い、オフ時に強壮剤の服用をした所、オフになる期間が短くなり、日常生活に差し支えないレベルまで回復した。
関係者一同が驚いていた。

リウマチ
70代女性
長年、手指と膝関節の悩まされている。
特に膝は変形が酷く可動域が極端に狭い。
週2回のペースでYNSA(山元式新頭鍼療法)を行い、それと同時に鎮静・鎮痛・発刊作用のあるの漢方薬2種類の服用を開始。
徐々に痛みが軽減し、10ヶ月後には日常生活に差し支えないレベルまで回復した。
ご本人とご家族が大変驚いていた事が印象に残っている。

線維筋痛症
50代女性
3年前に大学病院にて線維筋痛症と診断。
どの姿勢でも辛く、毎日寝て過ごしていた。
強い鎮痛剤を服用しているが一向に改善されないため、ご家族と当院に来院。
週2回のペースでYNSA(山元式新頭鍼療法)を行い、気力を補う漢方の服用を開始。
一ヶ月で主訴はほぼ消失し、単独での外出が可能となった。
鍼灸治療と漢方薬の相互作用により劇的に症状が改善したと思われる。

線維筋痛症(?)
60代女性
2年前に線維筋痛症の可能性ありと診断。
上記の患者さんと同じく、痛みのため横になっている時間が長く、何とかならないかと訴え来院。
週2回のYNSAと牛黄の服用を開始。
治療開始から3ヶ月で通常の生活が可能となり、1年後には仕事に出られるまで回復した。