小児疾患

小児疾患(夜泣き・おねしょ等)
漢方薬や鍼は大人が行うものと思われがちですが、小児に対しても大変有効です。
子供は良い意味で敏感ですので、比較的即効性が期待できます。
なお、鍼治療の場合は、「小児はり」と言う子供用の刺さない鍼を使用します。

夜泣き・イライラ
2歳男児
数週間前から夜になると、「キャー、キャー!」と叫ぶようになる。
熱は無いが、皮膚が極端に固いので、小児はりを行ったところ皮膚が柔らかくなり、正常な肌の状態に戻った。
2週間で計4回の治療を行い症状は殆ど消失したが、まれに再発すると訴えがあったため、しんあい堂でウチダ和漢薬の午黄カプセルを購入。
午黄は小児の特効薬として知られており、服用後は症状が落ち着き元気になる。

おねしょ
6歳女児
中々症状が治まらないとご両親と来院。
皮膚を軽くこする小児はりを開始。
非常にくすぐったいらしく、施術中はずっと笑っていた。
何度か通ってもらい、1週間のうち5日は失敗しなくなった。
もうワンアクション必要だったので、少量の補腎剤を服用してもらった所、3週間で100%症状が消失した。

おねしょ
小学生男子
中々症状が治まらないとご両親と来院。
小児はりと少量の補腎剤の服用を開始。
上記と同様、3週間で症状が収まった。

※小児に薬を使用する際は個人の判断で行わず、必ず専門家に相談して下さい。