取り扱いブランド

しんあい堂では原則的に大量生産の大手メーカー品は使用せず、品質重視し選りすぐりメーカーのみを取り扱っております。
ここでは、特に人気のあるメーカーをご紹介致します。

・株式会社 ウチダ和漢薬
昭和22年創業の伝統ある会社です。
フリーズドライ製法により作られた、お湯に溶けやすいエキス剤は評判がよく、高温で失われやすい成分も比較的多く取り入れることが出来ます。
高品質な散剤、丸薬を積極的に取り扱っている点も特徴です。

・株式会社 奥田庄太郎商店
富山県の置き薬屋です。
自社ブランドも展開しており、特に葛根湯はエキス収率25%という国内最高クラスの品質を誇っています。

・株式会社 霜鳥研究所
漢方湿布薬の糾励根(きゅうれいこん)で有名な製薬会社です。
糾励根は創業当時から一切の宣伝を行っていないにも関わらず、90年以上愛され続けています。

・株式会社 広貫堂
富山県に本社を置く創業140年の和漢薬屋です。
日本に古くから伝わる和漢薬を取り扱っています。
熊膽圓(熊の胆)、赤玉はら薬、實母散等、馴染み深い薬ばかりです。

・勝昌製薬 株式会社(東洋薬行)
本社を台湾に置き、当店が扱う唯一の外国メーカーとなります。
その品質管理は業界No.1で、「勝昌が効かなければ処方が間違っている。」と言われるほどです。
その分、値段は高いのですが、その効き目から値段以上の価値は充分あると思います。
取扱商品及び詳細はこちらをご覧ください。

・北日本製薬 株式会社
富山県に本社を置く製薬会社です。
1970年から満量処方に拘った高品質な商品を作り続けています。
前社長である成川一郎氏は、漢方薬業界に一石を投じる書籍を出版し話題を集めました。

・小太郎漢方製薬 株式会社
1957年に業界で初めて漢方エキス剤を製造したメーカーとして知られています。
マニアックなエキス剤も取り扱っており、味が濃く、有効成分が多く含まれている事が特徴です。
※しんあい堂は匙倶楽部加入店です。

・三和生薬 株式会社
「三和と言えば附子、附子と言えば三和。」
という公式が成り立つ程、附子(漢方薬の原料)の加工に情熱を燃やしているメーカーです。
自慢の附子を使ったサンワロンシリーズが好評です。
勿論、附子以外の生薬成分も完璧に管理されています。

・二反田薬品工業 株式会社
明治20年創業の薬品メーカーです。
漢方胃腸薬の御陀羅尼助丸は日本人の体質を考えて作られていて、全国で120年以上使われ続けられています。

・松浦薬業 株式会社
ゼリータイプの漢方薬」や「お湯で溶かす煎じ薬」の様な面白いアイディアを積極的に取り入れているメーカーです。
もちろん、エキス剤も自信を持ってお勧めできます。
ホームページも頻繁に更新されいるので情報管理もバッチリです。

※メーカーの解説は私個人の見解です。予めご了承下さい。