癌(がん)

癌(肝臓がん・胃がん・大腸がん・前立腺がん・乳がん等)
「たとえ完治しなくても、最後まで自分らしくいたい。」

経験上、がん治療に伝統医療(漢方薬や鍼治療等)を取り入れると、比較的症状が進行している状態でも穏やかな生活を送ることが出来ます。
伝統医療のみでの完治は難しいものがありますが、伝統医療の最大のメリットは、強い副作用に苦しむこともなく、食欲が増し気力も湧いてくるので万人にお勧め出来る治療法です。
当院の治療を取り入れた末期がんの患者さんが、亡くなる数日前まで元気に旅行をし、殆ど苦しむこともなく自分らしく逝けたという報告を複数のご家族から受けています。

肝臓がん
70代男性
当院に来院される数ヶ月前に肝臓がんと認知。
全身症状及び食欲不振、気力不足改善を希望され来院。
週3回の鍼灸治療、漢方を続けた所、半年後には気力を盛り返し、腫瘍が消失した。
本件は完治した稀なケースではあるが、東洋医学の醍醐味が最大限に発揮された例である。

胃がん
80代男性
70代の頃に胃がんの手術を行う。
食欲不振、逆流性食道炎、痛み、気力不足を訴えて来院。
週2回の鍼灸マッサージ治療と補気剤、和漢胃腸薬の服用を開始。
半年治療を行い主訴は殆ど消失したが、免疫力の増強を図るために半枝蓮エキスの服用を開始。
現在は非常に良い状態を保っている。

大腸がん
80代男性
5年前に大腸がんの手術を行う。
食欲不振、痛み、気力不足を訴えて来院。
週1回の鍼灸マッサージ治療と補気剤の服用を開始。
現在は食欲も出て良い状態を保っている。

乳がん
70代女性
50代の頃に発病。
常に肩腕(患側)の痛み、浮腫を訴えている。
月数回のペースでマッサージとパルス鍼を行い、それに合わせて利水剤の服用も開始した。
主訴は完全に収まってはいないが、鍼灸マッサージ後は楽に腕が動かせるようになっている。