小児疾患

小児疾患(夜泣き・おねしょ・便秘・チック・脳性麻痺)
漢方薬や鍼は大人が行うものと思われがちですが、小児に対しても大変有効です。
子供は良い意味で敏感ですので、比較的即効性が期待できます。なお、鍼治療の場合は、原則的に「小児はり」と言う子供用の刺さない鍼を使用しますが、脳性麻痺の場合はYNSA(山元式新頭鍼療法)を施します。

人形町治療院の小児はりを動画で紹介↓

小児はりの施術動画をアップ~基本編~
人形町治療院で行っている「小児はり」の施術動画を、人形町治療院公式チャンネルにアップ致しました。「基本編」とタイトルに入れましたが、手順を1/3以上短縮しているので、正しくは「簡易版」と言えるでしょう。

夜泣き・イライラ
2歳男児
数週間前から夜になると、「キャー、キャー!」と叫ぶようになる。
熱は無いが、皮膚が極端に固いので、小児はりを行ったところ皮膚が柔らかくなり、正常な肌の状態に戻った。2週間で計4回の治療を行い症状は殆ど消失したが、まれに再発すると訴えがあったため、しんあい堂でウチダ和漢薬の午黄カプセルを購入。午黄は小児の特効薬として知られており、服用後は症状が落ち着き元気になる。

おねしょ
6歳女児
中々症状が治まらないとご両親と来院。
皮膚を軽くこする小児はりを開始。非常にくすぐったいらしく、施術中はずっと笑っていた。何度か通ってもらい、1週間のうち5日は失敗しなくなった。もうワンアクション必要だったので、少量の補腎剤を服用してもらった所、3週間で100%症状が消失した。

おねしょ
小学生男子
中々症状が治まらないとご両親と来院。
小児はりと少量の補腎剤の服用を開始。上記と同様、3週間で症状が収まった。

便秘
18ヶ月男児
1週間ほど前から便秘
胃腸の働きを整える処方と「小児はり」を行う。1時間後に便通あり。

チック
小学校低学年女児
半年ほど前から急にチック症状が出たと訴え来院。病院は受診していない模様。
専門医の受診を勧めた上で、人形町治療院による「小児はり」と置き鍼療法を開始し、当店にて興奮を抑える処方の服用を開始。5回目の施術までは全く効果が見られなかったが、6回目から急に効果が出始め、徐々に回復に向かっている。

脳性麻痺
小学校低学年女児
早産による脳室周囲白質軟化症(PVL)
右下肢の麻痺と背中が疲れると訴え来院。YNSAと牛黄製剤の服用を開始したところ、1回目の施術後に体が軽くなり非常に喜んでいた。その後は週1回の頻度でYNSAを行っている。

※小児に薬を使用する際は個人の判断で行わず、必ず専門家に相談して下さい。

人形町治療院の小児はりのページ

小児はり・小児按摩
金属の棒で皮膚を優しく撫でて症状の改善をはかります。生後3ヶ月から小学生、中学生が対象です。主に、夜泣き、疳の虫(キーキー声)、おねしょ、鼻炎、便秘、アトピー、捻挫、吃り、脳性麻痺、発達障害等に有効とされています。
タイトルとURLをコピーしました