しんあい堂の特徴

その1 専門性

普通の薬局、薬店、病院では、”風邪=葛根湯”、”胃腸炎=安中散”の様に、病名に対して決まった薬を盲目的に選択し、患者さんに長期間服用してもらう事が常識となっています。
この様な処方は全く間違っていると言う訳ではないのですが、これでは西洋医学的な考えで漢方薬を出しているのに過ぎず、副作用のリスクも高くなってしまうので、正しい漢方薬処方とはお世辞にも言えません。また、薬局、薬店の場合は、患者さんの体に触れることが許されておりませんので、東洋医学の醍醐味である触診を行わずに薬を出しています。しんあい堂は、東洋医学の専門家である鍼灸マッサージ師が営んでいるため、病名で薬を選ぶのではなく、患者さんの体に触れて証を立て、疾患の状態に合わせた漢方薬をお選びする事が出来ます。(鍼灸マッサージは国家資格免許です。)
更に、物理療法と薬物療法を同一の治療家が一貫して行うため、今までの治療法では症状の改善が難しかった疾患に対してのアプローチが可能となりました。なお、当店の漢方薬を販売する際には、必ず患者さんご本人が来店して頂く必要がございます。止む終えない理由がない限り、代理人(家族、友人等)が来店されても販売致しません。

一般的なドラッグストア 一般的な病院 当店
東洋医学の専門知識 × ×
東洋医学的な触診 × ×
医療保険取り扱い × ×

※漢方薬局、漢方専門病院はこの限りではございません。

その2 鍼灸マッサージ治療と漢方薬の相乗効果

「鍼灸治療を辞めたら治療前の辛い状態に戻ってしまった。」
「複数の漢方薬を試しても中々効かない。」
という、経験はございませんでしょうか?
これは、素地が整っていない状態で治療を中断してしまった時や、薬の変更が早すぎた時に起こる現象で、熟練した治療家でもしばしばこの問題に悩まされています。
古人は長い歴史の中で、鍼灸と湯液の相乗効果を利用して素地を整えるという、素晴らしい知恵を編み出しました。漢方薬と鍼灸マッサーを上手に組み合わせ素地を整えることにより、体の土台を安定させ、良い意味でフラットで反応しやすい体を作ります。
既にお分かりかと思いますが、当店で漢方薬と鍼灸マッサージの併用治療を推奨している理由は、漢方薬の効果を最大限高め、1日でも長く治療効果を持続させ、回復を早めるためです。

その3 厳選された素材、拘りのエキス細粒剤

名前が同じ漢方薬なら、効果も同じだと思っていませんか?
様々なメーカーから”葛根湯”という名前の風邪薬が出ていますが、実はメーカーにより作り方が異なっており、有効成分の量にも違いが有ります。
効果は元より、色、味、香りも全く違います。しんあい堂は、巷にあふれている大量生産品は扱わず、抽出方法に拘った老舗メーカー品のみを取り扱っています。
具体的には、満量処方やエキス収率が高いものを使用し、
散剤や丸薬は古来の調合法に基づいた原末成分100%の最高級品を取り揃えてございます。
kanpo_hikaku_01

その4 お求めやすい価格

風邪薬を買ったら余ってしまった・・・。という経験はございませんか?
しんあい堂では、殆どの薬を必要な量だけ1日単位で販売しております。
慢性疾患や体質改善目的の患者さんであれば、長期服用割引も致します。
風邪の初期に服用する葛根湯を2日分、中期から後期にかけて服用する柴胡桂枝湯を2日分の様に、組み合わせて販売する事も可能です。
なお、コストを抑えるため、当店側では買い物袋の準備はしておりませんので、必ずご自身でお持ち下さい。
詳細は料金のページをご覧ください。

資格一覧

鍼師(国家資格)
灸師(国家資格)
あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
医薬品登録販売者(国家資格)
療養費取り扱い認定(全国鍼灸マッサージ師協会)
東洋医療臨床技術大学校認定(全国鍼灸マッサージ師協会)
機能再生士(全国鍼灸マッサージ師協会)
YNSA上級セミナー受講済み(YNSA学会)
YNSA宮崎セミナー受講済み(YNSA学会)
医薬品販売業許可証(埼玉県)※漢方薬店しんあい堂
医薬品登録販売者資質向上研修受講済み

※無免許者の施術による健康被害にご注意下さい※
彩の国だより”にも掲載されておりますが、無免許者の施術による健康被害が続出しております。
独立開業権があり、患者さんの体に触れる事の出来る資格は、医師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師(捻挫、打撲、骨折治療に限定。)のみで、これらは全て国家資格免許となります。
巷に溢れいる、整体、カイロプラクティック、○○式マッサージ、揉みほぐし等には公的な資格制度が存在せず、誰でも自由に使える肩書であり、大半の店舗は国家資格を取らずにこれらの肩書を使い、無免許で営業を行っています。
また、民間団体が独自に発行している認定書を、国家資格免許と偽って開業している悪質な店舗も存在します。
軽い健康被害に留まらず、死亡または半身不随等の後遺症が残ってしまったケースも報告されておりますので、くれぐれもご注意下さい。
全日本鍼灸マッサージ師会 ”NO MORE 無免許”PDFポスター

参加団体

一般社団法人 全国鍼灸マッサージ協会
卒後鍼灸手技研究会
現代医療鍼灸臨床研究会
無血刺絡療法普及会
YNSA学会
・日本鍼灸神経科学会


山元敏勝医師(左)、私(右)
宮崎市の山元リハビリテーションクリニックにて
2014/12/13

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする